失恋のない蜜の味


「パパ活」に依存する女性たち 金銭を介した交際のリスクと法的責任 12/16(木) 16:15配信

この記事でとても面白かったのが

『選んだ子にもきちんと僕に恋心を持ってほしいから“次も会ってくれるなら、お食事に行きませんか”とお誘いするんですが、断わられたことがないですもん。パパ活での老いらくの恋は、苦い失恋のない蜜の味ですよ』

パパ活の実態を私が知らないのであるいは本当にそうなのかもしれない(この発言をした人の言う通りなのかもしれない)けれど、まあ客観的に見たら多分そうじゃなくて対価を払って欲しいだけなんじゃないかなと思うわけです。

女性側は金銭的な補償だけを望んでおりその営業行為として断ったりはしないんじゃないでしょうか?

もし組織化されたところから送られてきている女性なら断ること自体を禁じられているか、断ることで「営業成績」が悪いと判断されて次に上客に回らない(紹介してもらえなくなる)とか。

女性の側は割り切ってる反面、男性はこ恋愛だと思ってるのかもしれないなあと思うとこれ深くて越えられない溝を感じるんです。