箱根駅伝2022 大抵二位以下が面白いです

去年が例外的に一位争い面白かったですが柏原選手が登場したあたりから強豪校のぶっちぎりが多くなっちゃってちょっと一位争いが面白くなくなっちゃいましたね。

単純に競技として見てるとそこが物足りない感じになっちゃってるのが最近です。

でも二位以下が面白いです。

今年は中央大学と東洋大学のまくりが面白かったですね。

でも最後中央大学届かなかったですね。

どんまい。

ところでトヨタカップというサッカー大会がありましたけどこれが日本で開催されず開催方式も参加チームの範囲も変わっちゃって楽しく無くなっちゃいました。

原因は欧州のクラブチームが南米の選手をお金で買いすぎてバランスが崩れたことにあります。

プロ野球も読売ジャイアンツが2000年代にそれやっちゃいましたよね。

三番から五番まで小笠原、ラミレス、谷の三者連続ホームランが2008年にあったようですがこれって元日本ハムファイターズ主力、元ヤクルトスワローズ主力、元オリックス主力の3人が打っただけで高橋由伸や松井秀喜や阿部慎之助が打ったわけじゃないってのが悲しいところ。

そんなの楽しかったのかなあ?巨人ファンは。

駅伝も早めにルール考えた方がいいと思うのは私だけなんだろうか?

【箱根駅伝スカウト事情】“名門”ではない大学はどうやってトップランナーを? 「国体3000m」と“目には見えない縁”とは