アフターコロナ「物流・たこ焼き流通革命」


無人運航船プロジェクトMEGURI2040が世界最長距離の無人運航成功、北海道苫小牧-茨城県大洗の約750キロ・約18時間航行
2022年2月08日

ってことは無人で海上輸送路を確保できるようになるかもしれません。

あとはコンテナを無人で扱えるかにかかってきます。

そしてやるでしょう。

何故なら「たこ焼きが高くなってるから」です。


『たこが高騰する3つの理由
原因はコロナによるアフリカでの漁師不足と輸送するコンテナ船の人手不足。』

たこ焼き店「潰れるかも」庶民の味がピンチ…人手不足と和食人気でたこ入手困難 スーパーで値上げも


他にも理由はあるんですが一つはコロナウイルス感染者が多くてコンテナ船の作業を行える人が減っていること。

これで物流がうまくいってなくてタコが高騰。

こうした問題が起きると困るので物流に関わる人たちがせっせと無人化に向かってしまうでしょう。

つまりコロナ禍が終わるとそこにはロボット化された世界が広がっている可能性があります。

私たちが考えねばならない事は、アフターコロナの雇用問題です。

これが第二のコロナ関連問題になるのかもしれないと思いました。