新型コロナウイルスはどこから来たのか?CIAに課せられた90日間

ジョー・バイデンは民主党なので大統領になったらAmericaとChinaは仲良くなるだろう?

そう考えていた時期が習近平にもあったかもしれない。

しかし現実は逆に動きつつあるように見える、少なくとも表向きは。

かねてから言われていた通り米国は大統領の思惑ではなく上下両院議会の総意として対China強行路線なのだという事をジョーは証明しようとしている。

ルーズベルト、安倍晋三、習近平。

この三人の共通点は慣例或いは規約を改正して地位に三選されていることだと思う。

ルーズベルトは対日戦争という非常事態だった。

安倍晋三にも先の日本国が民主党政権下で国境線を曖昧にしようと各国が動いたことなどもあったからか危機にあると考えていたのかもしれない、彼もまた自由民主党で総裁に三選されている。

これには党則の見直しも含まれている。

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO35606690R20C18A9EA2000/

習近平もまた鄧小平が危惧した三選を果たしている。

この事は彼もまた何かを感じ取っているのではないだろうか?

https://www.google.co.jp/amp/s/www.bbc.com/japanese/43193866.amp

ドナルド・トランプ大統領の時期に激化したAmericaによる対China強行路線は一旦有耶無耶になった。

その後、新型コロナウイルスがChinaから世界へと広がりパンデミックを引き起こしたからだ。

しかしファイザーやモデルナをはじめとする第三世代ワクチンの接種が進むと今度は欧州を巻き込んで世界規模での反発がChinaに向き始めた。

ジョーバイデンはCIAに新型コロナウイルスの起源を探るように指示した。

90日でレポートを完成させよと命じる一方でChinaに情報公開の圧力をかけている。

街灯
投稿日:
カテゴリー: DAILY