ホーム » COVID-19(SARS-CoV-2) » 感染者数は西から東に向かって一時的に大きく減少するだろう

感染者数は西から東に向かって一時的に大きく減少するだろう


数日後に福岡あたり、九州を中心に先週日の新規感染者数が割と多めに減少するんじゃないだろうか?

無論 COVID-19(SARS-CoV-2)の話だ。

そして、それが中国・四国地方に1日遅れて同じような事が起きるだろう。

但し、山陽の減少度合いと山陰、四国の減少は違ったものになる筈だ。

山陽地方の減少が著しく現れるのでは無いかと思う。

続いて近畿、関東へとこの傾向は伝播していく。

多分だけど近畿と関東は同じ時期か1日ずれかそれくらいだろう。

顕著なのは神戸、大阪、京都、名古屋、横浜、川崎、東京23区だろう。

千葉市や相模原市でも同様かもしれないが、さいたまに関しては不明だ。

どこの地域でも共通するのは先週比での減少幅が大きくなる事だと思う。

一時的ではあるが大きな効果があるのでは無いかと期待している。