コーヒーとフィルム写真とデジタル写真とWEBスクリプトなどについて。最since 2013.

南アフリカでオミクロン株がピークアウト

ホーム » RDP3 » DAILY » 南アフリカでオミクロン株がピークアウト
南アフリカのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり
南アフリカのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり

感染者数が山を駆け下るように下がってきている事を指しているのか?南アは一足先にピークアウトしつつあると報じられた(まだ油断すべきではないけど)。

昨日の報道ステーション(久しぶりに見た)ではマウスの研究でオミクロンはデルタより感染しても大きなマイナス要因になってないと報じていた。

マウスで出た結果が人間にも当てはまるのかはさておき、他方で気になることを思いついたのでグラフを見てみた。

フランスのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり
フランスのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり

フランスはまだ感染者が増えているが、問題にしたいのはそこではなく他の感染の山が崩れるところだ。

最初の山はかなり急激に崩れているが他の山、2月と6月の間とか6月と11月の間とか。

山の崩れ方が南アにくれべてなだらかだ。

南アフリカのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり
南アフリカのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり

今一度南アを見てもらうと同じ左から2個目、3個目の山の崩れ方と最新の山の崩れ方がかなり急激である。

この違いはイギリスと南アの間でも同じだ。

イギリスのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり
イギリスのコロナ感染者数推移 2021/12/28見たかぎり

2月の山の崩れ方がやっぱり南アよりなだらかになっている。

これは人口構成の問題なのか?それとも人種?地域?気候?

わからないがオミクロンが当初から言われているのは南アだと少子高齢化していないからその部分(なんらかの抵抗力?)は先進国で少子高齢化している国には当てはまらない可能性があるという話だ。

南アは若い人が多いので感染が治まるとその勢いもまた急激だったが、フランスやイギリスは日本と同じく高齢者が多いのでそうはいかなかったのかもしれない。

と考えると先のマウスの実験。

もしマウスの結果が人間に当てはまるとして、そのマウスの相対的な年齢に

・ばらつきはあるのか?

・高齢のマウスではどうだったのか?

という点が報道ステーションからは読み解けなかった(報じられなかったように思う)。

私が見始める前にその点は話してたんだろうか?

放送を途中から見たからなあ。

なんにせよまだ警戒を緩めるだけの十分なエビデンスがあるとは言い難いが、ここまで出てきてるオミクロンの研究結果は概ね重症化リスクなどが低くかつピークアウトも早めというポジティブなものが多くなってきたことだけは確かだろう。

ただ感染対策を怠っていいと言う専門家を私は見たことがないし個人的にもこれを支持したい。

ただし下記が発覚 2022/01/13

オミクロン株が蔓延した南アフリカ 感染がピークアウトしたとニュースで見たけど・・これは?




投稿日

カテゴリー:

, ,

投稿者:

タグ: