RDP3とは?|プロビア100F Provia 100F (RDPIII)|作例追加

RDP3.COM(RDP3 PROVIA 100F 35mm)
RDP3.COM(RDP3 PROVIA 100F 35mm)
RDP3とはPROVIA 100Fという名前のリバーサルカラーフィルムの事です。
富士フィルムが製造し2021/03/13現在も販売されています。
RDP3.COM(RDP3 PROVIA 100F 35mm)

RDP3とは?

RDP3について

Wikiによれば西暦2000年の事らしいのですが、真夏の7月に発売されたリバーサルフィルム(古い人はスライドフィルムなんて呼んだりしますが)、ISO感度100のスタンダードな製品として発売された「プロビア100F」の型式?かなんかです。

現像した際に得られるスリーブの端っこにオレンジ色の刻印でRDP3とあったのがこの名前というワケです。

元々はプロビア100という製品が大ヒットしたのですが、このプロビア100Fはその後継モデルのバージョンアップ品です。

当時銀塩(フィルム)カメラで写真を撮っていた私のメインフィルムになっていったのは当然の流れで、翌年のニューヨーク撮影旅行にもこの100Fと400F(RHP3)を持っていったのを覚えています。

2013年4月にその頃まで使用していたドメインを閉鎖して、新たなドメインでサイトを立てようとした時になるべく短い名前のドメインを作りたくてこの名前を採用したのがきっかけでrdp3.comを取得しました。

(ちなみに上のこの画像はベルビア100Fの物で・・・したが、プロビア100Fを購入して撮影したのでRDP3の画像に差し替えました)

このフィルムは多くのプロカメラマンも使用していたとなにかで読みました。

その結果、その後発売されるデジタルカメラの撮影結果はこのプロビア100Fに近い仕上がりになるように設計されたとかなんとか。

出版社側もカメラマンに要求する画像がこれに近いものを求めるのは確かにあり得る話で、もしかするとrdp3は全てのデジタルカメラの元祖的画質のフィルムなのかもしれません。

RDP3 PROVIA100F NP 36EX – CONTAX T3 で撮影した写真です
RDP3 PROVIA100F NP 36EX – CONTAX T3

PROVIAWIKI

https://ja.wikipedia.org/wiki/プロビア

富士フィルムのPROVIA関連ページ

https://www.fujifilm.com/jp/ja/consumer/films/negative-and-reversal

拙者がRDP3とコンタックスT3で撮影した写真の一部は下記です

3件のコメント

  1. ピンバック: RDP3 – Rdp3.Tokyo

コメントは受け付けていません。