カーボンニュートラルへ企業の美味しい取り組みに水耕栽培による菜園っていいかもしれないって事か!

カーボンニュートラルは排出量分の吸収量を担保する仕組み

電気を使うと発電所が温室効果ガスを排出している場合その排出量に見合う吸収量を担保する必要があります。

そのためには植林や森林管理が求められたりもするのです。

 

だったらビルで野菜を育てるのもいいじゃない

レタスとかブロッコリースプラウトとか屋根のある施設で生産されてますよね太陽光の代わりになるあかりつけて。

ZEBの一つの取り組みとしてビル内菜園っていいかもしれないですね水耕栽培とか。

 

一例

西友、レタス植物工場を都内店舗に開設

店産店消で鮮度抜群、無農薬(*)で安心安全を提供
LEAFRU 社が運営する植物工場スキームを大森店に導入