コーヒーとフィルム写真とデジタル写真とWEBスクリプトなどについて。最since 2013.

#フィルム感度 について簡単な説明と、#フィルム写真 こんな写り方しました 確かに白黒フィルムで撮る時のコツは一段低い方がいいかも? イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL &COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II

ホーム » RDP3 » 写真フィルム各種・FILM #フィルム写真 銀塩 撮影写真 » イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL » #フィルム感度 について簡単な説明と、#フィルム写真 こんな写り方しました 確かに白黒フィルムで撮る時のコツは一段低い方がいいかも? イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL &COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II
イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II
イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II

フィルム感度についてごく簡単にご説明します。

まあフィルムカメラしかなかった頃の私の体感ですが、感度って数字が400とか大きいと多少暗い場所でも撮影できて、100とか低いと暗いところで映らなくなるってイメージです。

一般的に売られていたのは感度100のフィルムで、私にはこれが標準なんだろうなって感じがしてました。

数値が小さいと画質が良くて、数字が大きいと画質は落ちるんですが暗い所でもよく写るようになります。

この3200っていうISO感度は標準的なISO感度100の時にシャッタースピード1秒もかかる場面でも、3200なら1/30秒で撮れちゃうので少々暗くてもサクサク撮れちゃうわけです。

その代わりご覧の通り画質は荒いと。

せっかくのカラスコ35ミリデビューなのにレンズの写りそのものはわかりにくくてすみません(笑)。


さて、カラスコそしてイルフォード3200の記念すべき一個目。

煌びやかな繁華街の裏通りにある朝から蒸気の上がっているところがあったのでぱちっとやってみました。

いやあレバーでフィルムを巻いて。

シャッターボタンを押すと

 バサっ

とシャッターが降りる音は格別ですね。

イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II
イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II

こっちは横浜市内のとある飲食店街。

他のサイトの方も書いてらっしゃるんですが、モノクロフィルムって今風というか白黒フィルムの写りってこんな感じかなって思っているところに落とし込むには露出補正マイナス1にした方が良さそうですね。

今回の撮影はマイナス1固定でずーっと撮ってました。

ネガで撮る場合はハイキー、リバーサルで撮る場合はローキーが基本ですが結果をフィルムスキャナで取ってもらって、これをなるべくそのまんま掲載したほうが見ていただいた時に参考になるかなと思ったのでそうしました。

ここに掲載している画像もクレジット入れてるのとリサイズしている以外は手を加えておりません。

ヨドバシカメラさんの方でスキャン時に何かしてくれていれば話は別ですが。

ある程度調整してくれてるのかなあ?わかんないですね。

でもこれだけアンダー気味に画像ができてるのはカメラの設定意図通りではあります。


イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II
イルフォード ILFORD 3200 PROFESSIONAL & カラスコ35ミリF2.5 COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 P II

これはどこで撮ったんだっけ??

まあ、スマホの画面でご覧になってる方にはなんの写真なのか伝わりにくいかなあ?

できたら大きな画面でご覧いただけると幸いです。

中央上側の壁面が写ってるあたり見てもざらざらした感じ、この辺が3200かなあって感じですね。

また後日他の写真もアップします。




タグ: