テレワークの導入実施率と株価の関連性

参考記事

企業へのテレワーク導入率は51.9%


結構きてますね。

それと一昨年だったかな?

富士通の社員んさんが奈良県にお住まいになってテレワークでお仕事されてるとかNHKで拝見しましたよ。

この時の報道を見ると香港だったかな?株価の変動に「社員に優しい会社であること」という項目があるとかなんとか。

まあ実態は簡単な話でEUが社員に優しくしてる企業(他には社会貢献してるとかもちろん利益を上げているというのもありますがそういった企業)でないと投資対象から外されるんだとか。

テレワーク実施率次第では株価も上昇?

前述の富士通さんとかもそうですがテレワーク実施で働き方に自由度が高いと株価が上がるんじゃないか?というお話。

なんでか?

それは自由度が高いと入社希望者が多くなるから。

優秀な人材こそが企業の礎であることは昨今明白ですよね。

GAFAのうち純然たる製造業ってどれくらいあると思います?

マイクロソフト加えても殆どがIT企業でソフトウェアを構築し運用している会社ばっかりです。

人材の質こそが最大の資源で最も売り上げに直結する要素なわけです。

なのでテレワークの実施率って今後も重要なんじゃないですかね?